リングサイズの測り方から抜けない指輪の抜き方、指のサイズの変化するわけなど、指輪の知恵情報庫です。

なぜサイズがぴったり合っているのに指輪の形によって着け心地に差が出るのでしょう。 20年間リングサイズを測った日々からの実態レポートと指輪サイズの謎。 はずせない結婚指輪。サイズが変化するわけ.

指輪のサイズの知りたい なぜ? コンテンツ


mebius hammer

初めて指輪を着ける方へ オーダーメイド

指輪を今までに着けたことがなく、どのぐらいのサイズがちょうど良いのかわからないというお客様からご質問をいただきます

サイズゲージでの測定が可能でしたら、着けるときはちょうど入って抜くときには手こずるくらいのサイズがベストと思われます。

なぜなら、指輪を長期着けていますと、指が細くなってくるからです。
初めて指輪のサイズを測る方なら誰でも、「きつい指輪を無理してはめて、抜けなくなったら恐い」という気持ちが働いてしまい、ゆるく測定されがちです。心理的に初心者はゆるい号数を選んでしまう。
号数を測る時には、緊張によるプラスアルファーを取り除いて、時間をかけて測ってくれるショップが良いお店だと思います。

着け慣れてくれば、最初は抜けずらかった指輪もすんなり抜けるようになるものです。
初めてサイズゲージの指輪をはめて、すんなり抜くことができるサイズでは、シャンプーしたり、水仕事したりした際に抜ける可能性があります。プラチナ、ゴールド、シルバーは皮膚にまとわりつきますが、チタンは他の金属と質感が違い、手でふつうにつかもうとしてもするりと抜けるくらいするするしているのです。ですから、初めてチタンの指輪をオーダーするのでしたら、なおさらフィット具合を大切に慎重にサイズを決めたいものです。
計測に際して、留意する点は、指のタイプによって違います。


関節が出っ張っている指の場合------------------

根元は細く関節との差が大きい指: 無理してでも関節を通してぎりぎりのサイズでないと、根元でぶかぶかして何かが指輪とのすきまに入ってしまいそうな状態は危険。自動販売機のジュースを取り出すときの”返し”が指輪にひっかかってしまって、指輪で痛い思いをするのでは危ないです。関節に一度指輪を入れてしまうと抜けないという恐怖心を抱いて押し込めないひとが居ます。普段指輪を着けないかたに多いです。
あとから慣れますので、抜き差しのしやすさをサイズに加味しないでください。
-----------------------------


それほど節が出っ張ってはいないけれど、どちらかというと付け根が細いタイプ: 無理をして関節が赤くなってしまうようでは、節がかわいそうです。
関節でひっかかってうっとうしいという人は、付け根でゆるいのもよしとするしかありません。むくんでもいいという余力があるということです。

----------------------------

根元から節までが同じ太さで、関節から指先にむかって細くなっている指の場合:
窮屈でないゆったりサイズにしたいのはやまやまですが、どこかで指輪がしっかり指に食い込んでくれないと指輪自体を装着することができません。関節がストッパーになってくれないので、付け根でしっかり指輪が指をつかまえる状態は必要です。
抜けやすくこのタイプの指が一番測定がむずかしいです。
筋肉のついているひと、指や握力で日々手を使う方は、指が硬いので指輪をしっかり跳ね返す力があるため留まり易いです。美容師さんの指や、演奏家の指、大工さんの指やバイク、ボルダリングをする方の指がそうです。
一方パソコンしかしない指はふわふわしていて、指輪が食い込んだように見えてしまいます。
埋まりこむ印象ですが、それも指輪がとどまるためには必要です。
指輪のちょうどいいサイズ

指輪サイズ攻略法サイズノウハウ

記事の無断転載を禁じます



-->