リングサイズの測り方から抜けない指輪の抜き方、指のサイズの変化するわけなど、指輪の知恵情報庫です。

なぜサイズがぴったり合っているのに指輪の形によって着け心地に差が出るのでしょう。 20年間リングサイズを測った日々からの実態レポートと指輪サイズの謎。 はずせない結婚指輪。サイズが変化するわけ.

指輪のサイズの知りたい なぜ? コンテンツ

<プロから見て正しいサイズってあるの?br>

指輪に正しいサイズなど本当はないのです

きついタイトなフィット感が好きですか?ルーズなゆとりが楽で良いですか?

指輪のサイズに固定サイズがあると思っている方がほとんどだと思います。自分は何号だと。
指輪に正しいサイズ、間違ったサイズというものは本当はないのです。

プロが見て正しいサイズとは。

サイズというのは常に変化しています。一定の号数が自分の指には相当するものがあると思いがちです。しかし9号という数、8号という数字、それは一時的であり、主観によるものです。
たとえ専門家でも、プロの経験値からわかるサイズ、そういったものはありません。主観は個人差があるからです。
他人がどうみても、何と言おうと、本人の気持ちがサイズを決定します。感覚は他人にはわからないのですし、自分でも驚くほど変化しているのです。
結婚指輪のお相手でさえ、パートナーの指輪の号数を当てることはできません。女性のふわふわした指ならば第3者から見て食い込んで見えても本人は苦しくない、締めつけ感はないのです。
どう見てもゆるく見えたとしても、本人がきゅうくつだと感じればゆったりサイズを選んで着ければ良いのです。本人の気持ちが一番大事なのです。

ちょうどよいという状態は、気持ちよく着けられる状態。どのサイズがぴったりなのかわからないときはどうしたらよいのでしょう。
違和感とは、圧迫感とは何でしょうか。
将来太る心配とはなんでしょうか。
指輪が心配になるなんて幸せなことではありません。幸せな着け心地を基準にどうしたらいいかを考えて決めましょう。

わからなければ、まずは指から落ちなければいいらくなサイズを選びましょう。圧迫から解き放たれたらくちんなサイズ。
ぶかぶかしていなければいい。
そこがスタートです。
落ちて紛失しなければとりあえず着けて一緒に居られます。
ハンドソープで手を洗う際、結婚指輪がつるんと落ちるゆるさは悲しい、手を洗って落ちないこと。
*圧覚と言われる皮膚感覚で、触点が外部からやや強く刺激されると感じる圧迫感というのがあります。めったにはずさない結婚指輪を、何かの機会にはずしたら、とても圧迫痕がくっきりついていて、指輪についた跡はどうなるのか心配になる方もいらっしゃいます。 指輪に跡がつくのはだれにでもあることで、特に女性の指の方が皮下脂肪が多いため、指輪の部分だけくびれ易いということがあります。だれにでも起こります。しばらくはずしていると戻ります。

記事の無断転載を禁じます



-->