リングサイズの測り方から抜けない指輪の抜き方、指のサイズの変化するわけなど、指輪の知恵情報庫です。

なぜサイズがぴったり合っているのに指輪の形によって着け心地に差が出るのでしょう。 20年間リングサイズを測った日々からの実態レポートと指輪サイズの謎。 はずせない結婚指輪。サイズが変化するわけ.

指輪のサイズの知りたい なぜ? コンテンツ


mebius hammer

指輪の金属によって着け心地が違います

銀はべたべた チタンはサラサラ プラチナはペタペタ

指輪の素材となる金属の密度により、触り心地が違い、そのせいで、着け心地とサイズ感が違ってくるのです。
シルバーはべたべたと、プラチナも指に張り付くのに対し、チタンはさらさらでするっと逃げる感触です。着け外しがらくです。他の貴金属では関節でひっかかるきつい指輪もチタンなら抜ける場合があります。このため、金属素材によって、同じサイズでもきつく感じなかったりばらつきが出ます。指輪を着け慣れない初心者の方は、抜けなくなりそうで怖いと思い、シルバーリングのサイズを1号あげてしまうこともしばしばあります。チタンの場合はそのような配慮はいりません。
シルバーをつけるサイズはシルバーのゲージで測定し、チタンの指輪を着けるサイズを知るにはチタンのゲージを使用するべきですが、市販の違う材質で計測するなら、その誤差をわかる専門家に頼むか、このサイトで紹介する自分で正確に測る方法で快適な指輪を。

記事の無断転載を禁じます



-->