リングサイズの測り方から抜けない指輪の抜き方、指のサイズの変化するわけなど、指輪の知恵情報庫です。

なぜサイズがぴったり合っているのに指輪の形によって着け心地に差が出るのでしょう。 20年間リングサイズを測った日々からの実態レポートと指輪サイズの謎。 はずせない結婚指輪。サイズが変化するわけ.

指輪のサイズの知りたい なぜ? コンテンツ


mebius hammer

正しい指輪サイズという幻想

サイズを測ってぴったりの号数で作りたいと考えますが、指のサイズは一時的なものであり、今測ったサイズも一時的なサイズ。

指輪やさんに行ったときのサイズと帰宅後のサイズも一時的に変わります。正しいサイズというものはなく、外気温と室内温度、運動の際の血流で大きく変わります。運動後に汗を出したからひからびているとか水分を飲んだからむくんでいるということよりも、毛細血管の拡張と体温の方が指のサイズを左右しています。
その場その時によって違う測定値が出る。それらはどれもが正しい一時的なサイズ。きのうは8号今日は9.5号、あしたは10.5号というふうに。

どこかにジャストサイズというものが存在していて、今のサイズが間違っているんじゃないか。
もっと正しいサイズに直せるんじゃないかという幻想を抱いてしまいがちですが、むくんでもひきしまっても良い余白、のりしろ、余力を残したサイズこそがジャストサイズであり理想の指輪サイズです。

もしもゴムが伸びきってしまったらパンツはずり落ちる。
服はすべてジャストサイズ=胴の同サイズではなく少しゴムで引き締める、ベルトで食い込ませる、ニットやストレッチ素材でフィットさせるといった素材による工夫でできています。

指輪は残念ながらゴム素材のような伸びるものでない金属です。
伸び縮みするのは指の方です。

指輪が留まっていられるということは、すこし絞めつけているということ。
これがわずらわしい方には指輪ははめられないことになってしまいます。
ところが少し締めておいてあげることで肉の方が金属の輪に順応し始め、1か月毎日着けると指が指輪にすきまをゆずって
移動してくれるのです。
すこし指輪まわりがくびれてみごとに指輪が落ちない指に変わっていくのです。

はじめだけ慣れるまでわずらわしいかもしれませんが、おしゃれにはがまんがつきものなのです。ハイヒールのように。

マリッジリングの平均サイズはひとの体型の平均を連想すればわかるように平均値を求める際に欧米の肥満体形の例外を含めた分母かどうかで大きく数値が変わってしまいます。一般的に渋谷や原宿の交差点を日曜日ぶらぶらしている人ごみを連想したとすると結婚指輪の平均は7号から9号に収まります。男女の結婚指輪の平均は13号から15号におちつきます。

記事の無断転載を禁じます


-->