Skip to main content.
 
«Prev || 1 || Next»
指輪サイズのポイント

  • ・着ける課程ではなく、指の付け根におさまっている状態のサイズ感

  • ・指輪のサイズを決めるのは、着け心地であって、着けはずしの際の着けはずし易さではないということ。

「着けてしまえばちょうど良いサイズだけれど、なかなか抜けない」 というのが、実は本当の理想のぴったりサイズ。(簡単に抜けるサイズはハンドソープで手を洗う際にシンクに流れてしまうかもしれません。)
誤解しやすいのは、なかなか入らない、着けるのに時間がかかる…もっと大きい方が良いのでは
というのは大きな誤解です。

指輪を着けるのはほんの一時ではないはず。抜き差しの一瞬の指し心地はあまり考慮せず、着けている時間の方を考えて指輪のサイズを決めるのが肝要。着けはずしにてこずるのは指輪に慣れてくれば解消できる問題です。着け慣れれば慣れるほど、指におさまっている時のゆるみというのはしっくりこないということがわかってきます。最初の抵抗感がなくなった頃にほんとうのサイズ感が実感できます。
«Prev || 1 || Next»