Skip to main content.
 
«Prev || 1 | 2 || Next»
結婚指輪は永く身に着ける指輪。
儀式に使うだけの指輪。
式には、仮の指輪を使い、結婚指輪はあとからゆっくり探すひと。
結婚にまつわる指輪もさまざまです。
式に使った神聖な指輪じゃなきゃ意味が無いという方もいれば、普段は着けないから式の時だけのために用意するひとも。
永くつけることを考えすぎて、ゆくゆく太るのだからと、今の指にぴったりな指輪ではなく、ゆるめの指輪を作るひとも居ます。
普段着け慣れていない男性は、節が太いこともあり、また、仕事中ははずすということで着け心地良い指輪のサイズというよりも、はずし心地の良いサイズを選ぼうとしてしまいます。つまり、慣れてからのことより、最初の圧迫感で決定しがち。
指輪のサイズというのは、常時装着の着け心地感を優先するのか、着け外し心地を優先するのか悩むところ。
でも、毎日の愛用の末、脱着に慣れれば、気になってくるのは、やはり着けている最中の着けここちになります。つまり、最初に圧迫感すらない指輪はあとからフィット感が生まれてこないサイズかも知れないのです。長く着けていると、指輪というのは、指にフィットしている着け心地が良いほうが気持ち良く安全です。指は弾力があり、ものがすきまにはさまると危ないこともあります。
«Prev || 1 | 2 || Next»