Skip to main content.
 
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»
ブライダルコーディネーターによれば、花嫁様が皆、口を揃えておっしゃるのがエンゲージリングが、あとからゆるい状態になっているということ。
これは、着け始めの違和感と着け慣れた状態では指の順応が違ってくるからです。別に8割の花嫁様がダイエットしているわけではありません。
期間は約1ヶ月。毎日着け慣れても、また1ヶ月外していると、指は元に戻ります。

2割の花嫁様は、石のついた指輪を着け慣れていて、あとから緩くなってくることを熟知してオーダーされた花嫁様です。

エンゲージリングは、ダイヤが掌に向いてしまわないためにもフィットさせる必要があります。最初から適度なゆとりがある指輪はエンゲージには禁物ということになります。

採寸が初日だけの違和感であり、愛用することでサイズ感が変わってくるということはなかなか知られていないようです。

▪逆に金属アレルギーの方は、ジャストフィットすぎるよりも、マリッジリングはゆとりをとって採寸したいものです。
⇨金属アレルギー対策の結婚指輪の研究について
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»